プラスチック用、ダイカスト用金型の設計・製造・修理


独創性とニ-ズを先取り。
決してとどまることのない私共の姿勢です。


まるで天空のように高く、
宇宙の神秘さを解き明かすように、
イマジネ-ションは、不可能を可能に変えていく。
光の速さと同じように・・・・、
激しく、そして力強く。

 

         


頭脳を結集したCAD・CAM部門のご案内

CAD:Computer Aided Design

古代エジプト人がパピルス紙に、国の発祥を後世へ書き記した
ように、人は、ペンにその思想を託してきました。
歴史を科学を経済を、ペンで築き上げてきたあの時代・・・。
歴史 やがて歳月は流れ豊かさを手にした今日。
現代社会は、電気の流れ、光の流れを利用して、カタチを作る時代になりました。
モノの根本をカタチづくる金型業界も同様、ハイテクの時代へ。
私共はいちはやくこの動向を先取り。
コンピユ-タにて図面を、ブラウン管を通じて思考し、デ-タを入力します。
コンカレント・エンジニアリング指向にてお客様にVE・VAを通じ
Q・C・D・Sを満足する金型を設計しています。             

 


 

CAM:Computer Aided Manufacturing

CADで作られた2次元デ-タを3次元世界のデ-タに変換し、 平面を立体的に変え、
機械に光りファイバ-で情報を送り、稼動 させています。 人の英知をテ-マとする
クリエィティブワ-クが私共の姿勢です。
すでにソリッドデーターの3次元CAD/
CAM UG を導入し活用しています。

  

                

 


 

ページの上部へ